前田慶次


「ひと暴れするかぁ!!」




■ 実史における前田慶次
槍術に優れ、戦国時代最強クラスの武を誇ったと言われる猛将。
実は武勇に長けているだけでなく、文化的な面でも
優れた才能を持っていたと語られている。
彼を扱った小説も多数あり、その影響か“前田慶次”の名で
知られているが、本名は“前田利益”である。
織田家臣である前田利家の義理の甥にあたり、
その影響か一時期織田信長に仕えていた。
だが利家と対立し、京都で浪人生活をしばらくおくる。
その後上杉家臣の直江兼続と知り合い、上杉家に仕えることとなる。
関ヶ原の戦いの時には、西軍方についた上杉軍の一員として
長谷堂の戦いで多くの手柄をあげた。
しかし晩年のことはよく分かっておらず、江戸時代初期に
没したと言われているが、正確なことは分かっていない。
浪人時代の奇行から傾奇者(かぶきもの)と言われたこともある。


■ キャラクター出現条件
?????(予想⇒直江兼続の無双演舞モードクリア)


■ 武器
二又矛(ふたまたぼこ)という先が二又に分かれた矛を武器とする。
突く・斬る、どちらの攻撃も可能な得物である。


■ 特殊技
特殊投げ
敵を掴み、振り回した後に投げる。ガード無効の技。
馬呼び
口笛を吹き、自分のもとに馬を呼び寄せる。


■ 無双奥義
発動とともに“”の文字が出現。
慶次がその場で二又矛を振り回し、周囲の敵を切り刻む。





Copyright(c)2005 とことん楽しんじゃえ!! All Rights Reserved.

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO